JDAに貢献する

アーカイブ貢献の基本的概念

JDAは「参加型アーカイブ」です。JDAが「参加型アーカイブ」である所以は、ユーザー皆様の震災に関連するデジタル情報の貢献により、アーカイブが日々成長しているという点にあります。ユーザーの参加・貢献をよりスムーズに行えるようにするために、JDAではウェブフォーム、またはブックマークレットでを使っての貢献方法を提供しています。二つの方法を使い、アーカイブにまだ収集されていない震災関係のウェブサイト、画像、書類、またはユーザー個人の震災に関する証言・物語を貢献してください。アーカイブをより充実したものにするために、貢献の折にはアイテムにメタデータ(タグ、位置情報、言語、日付)を付属するご協力下さい。メタデータが多様にあるアイテムは、他のユーザが検索によってそのアイテムを探しやすくなります。

 

震災情報を貢献する

JDAに震災データを貢献するには、スクリーン上にある「貢献」メニューをクリックして下さい。JDAへの貢献は、ユーザー登録が終了し、自身のアカウントにログインした状態でないとできません。震災に関連する内容であれば、どの言語で投稿されても結構です。英語日本語両言語の情報を入れる場合は、「English」「Japanese」のタブを操作して、指定の言語を選んでください。貢献には二つのステップがあります。ステップ1の入力が終わり次第、画面下のオレンジ色の「次のステップ」をクリックして、ステップ2に移動してください。入力途中にページを行き来し入力内容を確認する事が出来ます。また日狩り側の画面に入力した情報のプレビューがリアルタイム表示されます。*のマークが付いている項目は必衰となります (例:タイトルやメディアの種類)皆様によって投稿されたウェブサイトは、アーキビストが確認の上、当デジタルアーカイブで閲覧可能となります。また貢献されたウェブサイトはアーキビストの判断でインターネット・アーカイブを使い保存します。貢献の仕方は、ウェブフォームを使用する方法と、ブックマークレット機能を使って貢献する方法があります。

 

 

タグ付けをする

アーカイブに投稿された資料は、追加情報が的確に入力されている程、検索結果に表示されやすくなります。資料のキーワードを「タグ」として入力すると、写真、音声、動画など、検索可能な文面を持たないアイテムを見つけるために特に役立ちます。 タグを加えるには、閲覧したいアイテムをクリックし、表示されたポップアップ画面から青色の「追加」ボタンをクリックします。フィールドにアイテムに関係するキーワードをキーワードを入力し、キーボードのエンターキーを押して下さい。 タグを入力する際に、同じようなキーワードでたのデータですでにしようされたことのあるタグが提案されますので、’参考にして下さい。一度付けられたタグは削除できます。アーカイブ内で発見したデータにタグを加えて、アーカイブをより良いものに育てて下さい!

翻訳をする

ユーザは当アーカイブの全てのアイテムに、翻訳を加える事ができます。翻訳を始めるには、閲覧したいアイテムをクリックし、表示されたポップアップ画面上部の言語タブで言語を変更して下さい。日本語で登録されているアイテムは英語、英語で登録されているアイテムは日本語での情報がない場合がありますので、翻訳を追加して、アイテムにバイリンガル対応させて下さい。オレンジ色の「タイトルを貢献する」または「説明を貢献する」ボタンをクリックし、ポップアップウィンドウに訳文・英訳を入力し、オレンジ色の「投稿」をクリックして内容を保存して下さい。入力した文章がアーカイブ上に表示されるまでに、少しお時間がかかることを予めご了解下さい。ユーザの皆様が翻訳して下さることで、資料の内容を理解することの出来るユーザが増え、より多くの方にとって有用な情報源となります。資料のもとの言語に関わらず、どの言語での翻訳も受け付けています!

 

 

 

ウェブフォームで貢献する

ウェブフォームを使用した貢献は、すべてマニュアル入力になります。必須の項目を順序に従って入力してください。貢献したいメディアタイプによってステップ2において入力が必要な情報が変わります。位置情報は正確な住所、または貢献したいアイテムが関係している土地名称を入力してください。地図上に赤い点が表示されます。

ウェブサイト(Website)を貢献する場合は、貢献したいウェブサイトのURLを入力するか、コピペしてください。

 

画像(Image)を貢献する場合は、貢献したいサイトのURL、または「Choose File」をクリックして、読み込みたい画像を指定してください。全ての情報の入力が終了し次第、下のオレンジ色の「投稿」ボタンをクリックして下さい。

 

証言・物語(Testimonial)を貢献するには、マニュアル入力の方法だけで貢献できます。タイトル、メディアタイプ(証言・物語)以外に、ステップ2で作成者名、証言・物語の内容を入力して下さい。

 

 

ブックマークレットを使って貢献する

JDAブックマークレット機能を使用すると、ウェブサイトを貢献する時にある程度の情報が自動入力されます。項目によっては自動入力されない場合があるので、空の項目にマニュアル入力して下さい。J画面右下の灰色の「JDAブックマークレット」ボタンをお使いのウェブブラウザーのブックマークレットバーにドラッグ&ドロップすることにより、簡潔に機能を使用する事が出来ます。ブラウザーにブックマークバーが表示されない設定になっている場合は、表示方法から、ブックマークバーを表示するに変更して下さい。下の画像の例は、グーグルChromeにJDAブックマークレットをブックマークバーに追加した例です。ブックマークバーはブラウザ画面上に表示されます。

アーカイブに保存されていない震災に関連するウェブサイトや他のメディア形式のアイテムを発見した場合、そのデータが保存されているサイトを開いた状態でブラウザのブックマークバーに追加した「JDAブクッマークレット」をクリックして下さい。サイトの情報が自動で貢献ページに入力されます。その後自動入力された内容をステップ1、2で確認し、空の項目をマニュアル入力して下さい。